川南気質

口の中で溶ける新食感チーズケーキが大人気!

押川春月堂

宮崎県児湯郡川南町大字川南13675-24
tel:0983-27-0035
http://www.oshikawa.jp

地元の人たちから愛され続けて90年!老舗のお菓子屋

可愛らしい木目調の扉を開けて中に入ると、ほのかに甘い香りが漂ってくる。

「いらっしゃいませ!」

女性の明るく元気な声が店内に響いた。

周りに視線を移すと、ケーキやクッキー、わらび餅や最中など、和・洋問わずたくさんの種類のお菓子が並んでいる。

平日の午前中にも関わらず、ひっきりなしにお客さんが訪れる様子を目にすると、おのずとここが人気店なのが分かった。

押川春月堂は、昭和元年(1926年)に宮崎県川南町に和菓子屋として創業。

以来、90年以上の歴史がある老舗のお菓子屋さんだ。現在では、川南町だけでなく宮崎市や高鍋町でも店舗を展開し、県内でも多くの人たちに愛されている。

新食感!とろける生チーズケーキ

「人気商品は、やっぱり『とろける生チーズケーキ』ですね。」

教えてくれたのは、マネージャーの松永浩さん。

「特徴は、口の中に入れた瞬間にとろける『ふわとろ』の食感です。世界的にも知名度の高いブランド、デンマーク産のナチュラルチーズ『ブコ』を使っています。クセの無いチーズなので、チーズが苦手な人でもおいしく食べられるんですよ」

2010年に川南町に暗い影を落とした口蹄疫。その復興に力を注いでいたシンガーソングライターの泉谷しげるさんがメディアで紹介したことから人気に火がつき、その名は全国に知られることとなった。今では北海道など県外百貨店の催事などでも販売し、全国的にも人気の商品だ。

全国でファンを増やしている一方で、地元の人からも変わらず愛され続けている。

「小さい子供から年配の方まで幅広い世代で多くの方が買いに来てくれます。」

チーズケーキだけでなく、お菓子の詰め合わせや、贈り物などでお店を訪れるお客さんも多いという。宮崎にこだわった商品が多く、卵やハチミツなどの素材も宮崎産。そのこだわりが川南町の内外から支持されている。

受け継がれる「おもてなしの心」

売り場で接客を担当する松永さんは、お客さんとのコミュニケーションが楽しいと語る。

「毎日来てくださる常連さんもいるんですよ。『近くまで来たから寄ったよ〜』って声をかけてくれたり。ケーキの販売だけじゃない、そういうやりとりが楽しいですね。」

地方に住む人達ならではのエピソードのようでもあるが、その裏には声をかけやすく入りやすいお店の雰囲気作りがある。

お客さんが買った商品はお店の外まで運んだり、お店の外でも色々な話をしたり。

押川春月堂で代々受け継がれている『おもてなしの心』が、多くの人達の心を掴んでいるのだ。

「『おいしくて、また来たよ』って言われるのが嬉しいです。これからも頑張ります!」

そう言うと、松永さんはニコッと微笑んだ。

押川春月堂マネージャー松永浩さんからのメッセージ

品質・量ともに満足いただけると思います!これからも押川春月堂の応援をよろしくお願いします。